債務整理 自分で(個人で

債務整理(任意整理)の手続きは弁護士や司法書士に依頼しなくても自分でできるの?

できるだけ費用を抑えたいから、債務整理(任意整理)の手続きを弁護士や司法書士事務所に依頼せず、自分(個人)で行えないかと考える人も多いと思います。

任意整理は、裁判所の公的機関を通さない手続きのため必要な書類というものはなく、あくまで“任意”なので法的効力などは発生しないことになります。

そのため、自分で任意整理する場合、まずは債権者(消費者金融会社など)に交渉する必要があります。

ですが、法的効力もないため、個人で交渉を行っても、債権者に相手にされない、交渉してもなかなか話がまとまらないことが多いといえます。

ちなみに交渉がまとまらない場合、任意整理を一旦終了せざるを得なくなり、また同じ条件で支払いを続けていかなくなります。

そのためそうした手間やリスクを考えると、多少費用がかかっても、任意整理の手続きはプロであるは弁護士か司法書士事務所にお願いするほうがいいでしょう。

また、できるだけ手続きを費用を抑えたいなら、任意整理は、弁護士よりも司法書士事務所のほうがお得かもしれません。

司法書士の場合は、1社に付き借金の総額(厳密には任意整理によって減額された金額)が140万円以下という縛りがありますが、一般的に弁護士よりも料金が安く設定されています。

さらにいえば、全国対応していて、着手金などの初期費用無料でかつ基本報酬も安く、減額報酬無料の司法書士事務所に依頼するのがおすすめですよ。

スポンサードリンク

債務整理(任意整理)するなら減額報酬なしの司法書士が断然お得!メニュー