債務整理 司法書士 弁護士 違い

債務整理(任意整理)の手続きを依頼するなら司法書士と弁護士どっちがいいの?

債務整理(任意整理)の手続きを、弁護士と司法書士に依頼した場合で、どういった違いがあるのかわからない(ぶっちゃけどっちがお得?)という人も多いでしょう。

結論からいうと、債務整理の手続きに関して言えば(かかる費用は別として)、どちらに依頼してもほとんど変わらないといえます。

但し、弁護士の場合は扱える金額の制限がないのに対し、司法書士の場合は1社に付き借金の総額(厳密には任意整理によって減額された金額)が140万円以下という縛りがあります。

例えば、借金の総額が300万円で、任意整理の引き直し計算により、170万円に減った場合、減額分は130万円のため、司法書士でも手続きが可能です。

また、140万円というのは1社あたりなので、複数社に借金があっても、減額分が1社あたり140万円を超えていなければ司法書士でもOKです。

あとは手続きの費用に関して言えば、一般的には弁護士より司法書士のほうが安くすむことが多いようです。

弁護士のほうが扱う案件も大きいため、その分費用も割高になっているといえるでしょう。弁護士と司法書士の年収の差をみればなんとなくわかりますね。

そう考えると、引き直し計算後の減額される金額が1社あたり140万円以下の場合は司法書士事務所に依頼したほうがお得かもしれません。

またその場合、債務整理(任意整理)の減額報酬なしの司法書士事務所を選ぶようにしましょう。

減額される金額にもよりますが、減額報酬ありとなしの場合では、トータルでかかる手続き費用に大きな差がでてしまいますよ。

スポンサードリンク

債務整理(任意整理)するなら減額報酬なしの司法書士が断然お得!メニュー