債務整理 減額報酬なし 司法書士

消費者金融の債務整理(任意整理)をするなら減額報酬なしの司法書士事務所を選ぼう!

クレジットカードなど消費者金融の借金の債務整理(任意整理)をする場合、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのが一般的ですが、気をつけなければいけないのは手続きにかかる費用です。

せっかく借金が大幅に減額されたのに、弁護士や司法書士に払う債務整理費用がそれよりも多くなったりしたら、専門家に依頼した意味がなくなりますからね。

まず、弁護士事務所と司法書士事務所どちらがいいかに関して言えば、司法書士のほうが費用が安くすむことが多いようです。

弁護士の場合、相談料30分5,000円とかとるところが多いですが、司法書士事務所の場合、相談料無料のところがけっこうあります。

司法書士事務所は、最初の相談料だけでなく、着手金など初期費用が無料のところも多いですね。

あと大切なのは“減額報酬なし”(※)の事務所を選ぶことです。

※ 減額報酬とは、利息制限法による引き直し計算により、債務額が減額された場合、その減額された金額に対して、一定割合(通常10%〜20%とるところが多い)を請求するものです。

例えば、着手金や基本報酬が同じ事務所の場合でも、減額報酬あり、なしではこれだけの差になります。

例.100万円あった借金が、利息制限法で引き直し計算すると20万円に減額された場合。

A事務所(減額報酬なし) B事務所(減額報酬10%) C事務所(減額報酬20%)
着手金 なし なし なし
基本報酬 30,000円 30,000円 30,000円
減額報酬 なし 10%
80,000円
20%
160,000円
費用合計 30,000円 110,000円 190,000円

上記の例の場合、80万円の減額なので、減額報酬10%の場合80,000円、20%の事務所の場合は160,000円の費用が着手金や基本報酬のほかに発生することになります。

そう考えるとやはり、相談料無料はもちろん、減額報酬なしで着手金や初期費用も無料、さらにいえば、分割払いも可能な全国対応の司法書士事務所を選ぶのがいいでしょうね。

債務整理(任意整理)するなら減額報酬なしの司法書士が断然お得!メニュー